『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

小1時間の昼寝でストレスに強いい体に。精神的負担が減って血圧も安定

睡眠不足は高血圧や心臓病につながり、睡眠と病気には強い関連性がある。米国での研究で、ストレスのかかる仕事の前に45〜60分の昼寝をしておくと、血圧の上昇を抑えて、心臓痛の予防にもなる可能性が示された。

実験では、参加者8人を「昼寝をする」群48人(平均19.96歳)と「昼寝をしない」群37人(20.08歳)とに分け、眠気や睡眠の質に関する質問表に答えてもらった。

「昼寝をしない」群は、質問表に答えた後、すぐに精神的ストレスがかかるような計算の課題を与えた。

「昼寝をする」群には1時間ほど昼寝をするようにいって、昼寝した後に同様の課題を与えた。結果、両群とも課脂琴の終了後、血圧や心拍数は上がったが、「昼寝をする」群の方が、血圧の上昇は小さかった。また、「昼寝をする」人のうち、昼寝をする時間が45分未満だった人に比べて、45分以上寝た人の方が血圧の上昇が小さかった。

ちなみに昼寝は腸の若返りにも役立つ。長寿者の腸からわかった興味深い内容。
長寿者の腸を調べてわかった!腸の若さを保つのは食後の昼寝

昼寝のときにはお昼寝のための音楽がおすすめ。多忙な毎日を過ごす現代人のために考案された、お昼寝促進用のセラピー・ミュージックです。疲労や慢性的な睡眠不足で悩んでいる人はもちろん、企業のメンタルヘルス対策のひとつとしてもおすすめの音楽です。
タグ:昼寝
posted by 快眠 at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りについて知ろう

眠りについて

毎日何気なく眠っている人もいると思いますが、うまく眠れていますか?
睡眠については、どれくらい知っていますか?

睡眠中の身体は休んでいるだけだと思いがちですが、実は眠っている間も、いろいろな働きをしていたのです。
現在の自分の睡眠に満足している人もしていない人も、眠りについてもっと知りましょう。

何のために眠るの?
睡眠中におこっている大切な働き
本来の身体のリズムを取り戻そう
生活リズムを刻む体内時計
上手にお昼寝をしよう
短時間睡眠・長時間睡眠
posted by 快眠 at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りについて知ろう

短時間睡眠、長時間睡眠



あなたは睡眠時間をどれくらいとっていますか?
例えば毎日8時間寝ているから十分ということではなく、必要な睡眠時間は人によって違います。

短時間睡眠について

◇ 寝つきがよく、すぐに深い眠りにおちる、短時間睡眠。
5時間未満の睡眠でも朝はスッキリと目覚め、疲労感が残らない人の睡眠を「短時間睡眠」といいます。
寝つきが早くて、夜中に目覚めることはほとんどありません。そして、入眠直後にノンレム睡眠の状態になるため、身体には支障をきたさないということです。
しかし、平日は短時間なのに休日は長時間で朝寝坊になってしまうのは、短時間睡眠ではなく睡眠不足なので注意しましょう。

長時間睡眠について

◇ 通常の睡眠時間の後に浅い睡眠が続く、長時間睡眠。
一日の睡眠時間が10 時間以上ないと身体の疲れがとれない人の睡眠を「長時間睡眠」といいます。
熟睡状態の後、朝方に浅い眠りがプラスされて長時間になります。
熟睡した時間を比べてみると、長時間でも短時間でもほとんど変わらないそうですが、身体のためにはある程度の時間が必要だととらえられています。
posted by 快眠 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りについて知ろう

上手にお昼寝をしよう



〔眠気のリズムは1日に2回ある〕
午後2時頃になるとやってくる眠気。
昼食の後おなかが満たされると、睡魔におそわれると思いがちな時間帯です。
しかし、これは満腹だからという理由だけでなく、人には午後2時頃と午後10 時頃に眠気が訪れるという睡眠のリズムがあるからなのです。

昼寝をすると、夜に眠れなくなりそうだから...などと心配して、眠くなっても我慢している人もいるかもしれません。
でも実は、昼寝にも、脳と体の疲労を回復させ、リフレッシュして、午後からの勉強や仕事の効率を上げる効果があるのです。
一般的な習慣として、シエスタ(午睡)を生活の中にとり入れている国もあるそうです。

上手な昼寝のしかたは、
◇ 時間は15〜20分にする。
長時間眠ってしまうと目覚めが悪いし、夜の睡眠にも影響するので、昼寝の時間は短めに。15〜20分くらいを目安にしましょう。
うとうとしているうちに起きれば、スッキリ目が覚めます。

◇ 寝る前にコーヒーを飲む。
30分ほどでカフェインの覚醒作用が働くので、昼寝の前にコーヒーなどを飲んでおくと、目覚めが良くなります。

お昼寝の時間がとれる人は、上手にお昼寝をして、夜も快眠しましょう。
 
 * 目覚めがスッキリする、お昼寝にぴったりの快眠CDはこちら→「お昼寝のための音楽」
posted by 快眠 at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りについて知ろう

生活リズムを刻む体内時計



聞いたことがあるかもしれませんが、私たちの脳の中には、体内時計といわれる生活リズムを刻んでいる時計があります。
1日は24時間で刻まれていますが、この体内時計のサイクルは、24時間ではなく、およそ25時間だということです。

およそ25時間の体内時計では、毎日の生活のスケジュールだと睡眠も少しずつ後にずれていってしまいがちです。
そこで、体内時計が正しく働くためには、就寝時間が遅くならないように、次のように規則正しい生活を心がけて、体内時計をリセットしましょう。
 ◇ 就寝・起床時刻を一定にする。
 ◇ 朝起きたら、太陽の光を浴びる。
 ◇ 決まった時刻に食事や運動をする。
 ◇ 日中は明るく、夜間はほの暗い環境で過ごす。

朝型・夜型という生活のリズムは、生まれつきの体質や環境でも決まってきますが、自分の意思で、ある程度コントロールすることもできます。体内時計の調整は、ゆっくり時間をかけて行いましょう。

  快眠のために自分の睡眠癖を知ろう → 睡眠癖を知って快眠しよう
posted by 快眠 at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りについて知ろう

本来の身体のリズムを取り戻そう



眠りの質が下がっている人の中には、生活リズムの乱れを実感している人も多いのではないでしょうか。
普段の生活のリズムが狂ってしまうと自律神経のバランスも崩れて、身体が本来持っているリズムも乱れます。
眠りの悩みを解決するには、まず本来のリズムを取り戻すことが大切です。

【「昼に上がって、夜に下がる」大切なリズム】
私たちの身体には、昼間動いて夜休むというサイクルに基づいて、「昼上がって、夜下がる」という本能的なリズムが備わっています。
だから、リズムが乱れている人でも、身体のスイッチの切り替えを邪魔する要因を取り除いていけば、リズムは戻ってきます。
そのリズムを取り戻すのを助けてくれるのは、体温と自律神経です。

〔体温〕
体温は、夜、脳と身体を休ませるために眠りについた時から下がり出します。昼間は、活動によって体温が上がります。
〔自律神経〕
朝は、活動モードの交感神経が立ち上がって目覚め、夜は、代わって副交感神経が優位になり休息モードになります。

● 朝、スイッチオンの時間をサポートするのは...
  ↓
太陽の光を浴びる、熱いシャワーを浴びる、朝食を食べることなど。

● 昼、活動の時間をサポートするのは...
  ↓
よく歩く、全身を動かす、こまめにストレス解消をすることなど。

● 夜、スイッチオフの時間をサポートするのは...
  ↓
就寝前の照明を暗くする、携帯電話やパソコンをオフにする、ぬるめのお風呂に入ることなど。

posted by 快眠 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りについて知ろう

睡眠中におこっている大切な働き



睡眠中の身体の働き
睡眠をとっている間も、私たちの身体は活動しています。
細胞や組織の修復にかかわるたんぱく質の合成は、日中よりも眠っている時の方が盛んになります。

【脳・・・眠っている間に記憶が定着す】
日中に取り込んだ情報の整理や取捨選択、それから記憶の定着は、睡眠中に行われています。しっかり覚えたいことがある場合は、徹夜するよりもいったん眠ったほうが効果があるでしょう。

【ホルモン・・・成長ホルモンが集中的に分泌される】
深い眠りにおちると、成長ホルモンが大量に分泌されて、細胞の修復を活性化させます。
また、眠りの後半(朝方)になると、コルチゾールというホルモンが増えてきて、ストレスに対する抵抗力や免疫力などが強化され、翌日の活動の備えとなります。

【心・・・感情を安定させる前頭葉の機能をサポート】
脳の前頭葉には感情を安定させる機能がありますが、これが低下すると感情をうまくコントロールすることが難しくなって、不安になりやすくストレスにも弱くなってしまいます。
十分な睡眠は脳を休め、この機能をサポートします。

【肌・・・傷ついた細胞を修復する】
たんぱく質の合成や新陳代謝を促進する成長ホルモンが集中的に分泌され、細胞や組織を修復します。
細胞分裂や活性酸素によって傷ついてしまった皮膚の細胞もケアされて再生されます。
ぐっすり眠った翌朝に肌の調子がいいと感じるのは、このためですね。

【腸・・・翌朝の便をつくる】
便は、おもに夜につくられます。食べ物が消化吸収された後、残りカスは眠っている間に大腸へ送られ、翌朝の排便につながります。
これがスムーズにいくためには、最低寝る3時間前は食事をしないことが大事です。

posted by 快眠 at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りについて知ろう

何のために眠るの?



人が毎日眠る理由
みなさんは、1日どれくらいの睡眠時間をとっていますか?
私たちの人生の4分の1から3分の1くらいは、眠っている時間です。
人によってそれぞれ時間の長さに違いはあるでしょうが、眠りの時間は、どんな人にも欠かせないものです。
それでは、私たちにとって眠ることはどうして必要なのでしょうか。
睡眠中の私たちの身体は、ただ休んでいるだけではなく、身体を守るために大切な働きをしているのです。
脳を休ませたり、全身の代謝を下げエネルギーを節約する、また、昼間の活動で壊れた細胞を修復したり、身体の免疫力をアップさせたりしています。

睡眠は明日への準備の時間
仕事や遊び、食事など、日常の生活の中で、脳と身体は一生懸命働いています。
睡眠は、そんな疲れた脳と身体を休ませて、新たな1日をスタートさせるためのメンテナンスの時間なのです。
つまり、今日の眠りは明日への備えということです。

睡眠不足で起こる不調
睡眠時間が足りなくなると、身体と心が回復しきれずに、様々な支障をきたし、不調が現れます。
肥満、便秘、肌のトラブル、うつ、免疫力のダウン、学習能力の低下などにも、睡眠不足がかかわっている可能性が高いと考えられています。
posted by 快眠 at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眠りについて知ろう