『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

気候の変化で眠れない

日本国内でも、ある程度距離が離れれば地域によっては、想像以上に気候差、温度差、湿度差が生じます。温度だけではなく、真夏の日中でも過ごしやすい湿度の低い高地などでは、朝晩冷え込み、長袖が必要になる場合もあります。
また、欧米の会社などには、日本へと出張する際、「亜熱帯手当」がつく会社もあるくらいです。それほどに日本の気候は過酷です。
都心のような湿度が高い場所に出かける人は、水分補給に十分気をつけなくてはいけません。真夏の昼間、新宿駅前などを通りかかった人なら、文字から伝わる以上に暑さを実感しているでしょう。
ヒートアイランド現象、侮れじです。
地球はさらに広いのです。南半球はもちろん、その国や地域に合わせた支度をしていくのは、もはや常識です。荷物がなるべく増えないように、肌着や薄手の重ね着できるカーディガンやインナーなどで調整するのがよいでしょう。
欧米への出張などは、さわやかで心地のよい気候だと思っていても、実は慣れない乾燥した気候に、知らず知らずのうちに体が負担を受けていることもあります。そんなときは、マスクで口内や鼻の乾燥を防ぐとには、かなりの効果があります。

ホテルの客室内の乾燥も、リラックスと心地よい睡眠の大敵です。常に冷暖房を入れている室内は、想像以上に乾燥しています。そのせいでのどがいがらつぼい、咳が出て眠れないという場合もあります。
乾燥対策には、水で湿らせたバスタオルを枕元に近い位置の椅子などにかけると効果的です。
タオルやバスタオルをぬらして軽くしぼって室内にかけておくのも効果的な対策です。
バスタブにお湯を張り、換気扇を切ったまま浴室のドアを開けていると、自然と部屋に湿気が入つてきますがこれだと少し湿気のほうが強くなってしまいます。
適度な湿気は、風邪予防にもよく、リラックスにつながります。
出発前の荷づくりの時点では見逃しがちだが、室内用の靴下はぜひ持参したい。足元の冷えは、体全体をこわばらせ眠れない原因になります。
特に寒冷地や冬場の宿泊先では、暑がりの男性でも冷え対策に注意したほうがいいでしょう。
posted by 快眠 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張・仮眠
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58163097
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック