『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

苦手な仕事が原因で不眠に

サラリーマンの場合、大幅な組織改編があり、苦手な営業部へ異動にるということも多くあります。また、ルート営業でそれほどノルマのきつくない仕事だからと引き継ぎなどもU簡単で、いざ仕事をひとりで任されるようになつたのはいいが、日常業務はなかなか思うようにはかどら上ないなどの予想外のことも起きてしまいます。
外周りをして帰ってきてからの事務仕事も多く、帰宅時間は遅くります。
それでも以前と変わらない時間にべッドに入り、睡眠を確保しようとはするのですが、眠れなくなつてしまったのです。
それまでは、経理という仕事に馴染んでいたため、もともと、几帳面な性格でした。
人の性格は急には変わらないものです。ときに、正しい手順を通り越してでも得意先との関係を重んじなくてはならない営業の仕事は、自分で自覚している以上にストレスになってしまいます。
それまでは、得意なはずだった書類仕事ですら能率が上がらず、結果的に忙しくなってしまう羽目に。
こういう人は、眠るための努力よりも、意識を少しだけ変えてみることがよいでしょう。
自分に対する「期待値」を下げてみるのことです。不得手な仕事だから、能率が上がらないのは当たり前です。
他の営業部員がサクサクと話をまとめてくる姿を「当たり前の基準」として見てはいけません。
誰だって、慣れない仕事では効率は上がらないものなのです。確かに仕事には納期があり、効率を求められるものです。しかし、自分はもっと手早くできるはずだ、もっと正確に処理できるはずだ、と思い込みすぎると、余計に能率は下がってしまうのです。

本当の意味で、いまの仕事に慣れるまでには、自分が想している以上に時間がかかるものです。。凡帳面な人に限って「寝なくては」と思い込みやすい傾向にあります。
眠れないのは努力不足だと思って、どんどんベッドに入る時間を早めたりもします。そんな努力は、いまはとりあえず脇に置き、能率の悪い自分を甘やかしてしまうのがいいでしょう。
仕事のできる自分、ぐっすり眠れる自分を期待しすぎないようにします。
そうすればすぐに安眠はやってくるでしょう。いまは、そういう時期だと割り切ってしまいましょう。
posted by 快眠 at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・勤務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57775423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック