『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

接客で不眠に

接客業が仕事の人も大きなストレスになることが度々あります。たとえば、その道20年のベテラン店長などでも「接客」という、仕事のストレスをさまざまな場面で持ち前の柔らかい物腰と機転で切り抜けなければならない場面はあります。また、地位的にも重要ポジションに就いている場合も、ストレスはさらに増えます。

店のスタッフからも信頼が厚い。お客さんも増え、売り上げも順調に伸びて満足。という全てうまくいっているように思われる状況でもです。こういった状況ではストレスがないように思いますが、ここのところ眠りが浅いような気がしてならない。という場合があります。熟睡感が得られないという人が多いのです。
対面接客は気を遣う仕事です。怒りや不満というものは、それを表現してしまえば意外とすぐに冷静に戻れますが、表現できずに抱え続けると、ストレスになります。
お客に怒りをぶつけられない仕事では、怒りを回避することでストレスを溜め込まないようにするのがよいでしょう。「深呼吸」や「心の中で数を数える」というのは、由緒正しい対処法であり、効果もあります。
また、冷静さや萎えた気力を取り戻すためには、「梅茶」を飲むのもおすすめです。梅干しひとつを湯飲みに入れ、熱い茶を注いだだけのものです。梅に含まれるクエン酸は糖質の代謝を促し、疲労によって溜まった乳酸を燃焼させてくれます
。注ぐお茶はほうじ茶などがおすすめです。香ばしい香りが気分転換にもなるし、タンニンが少ないので刺激も少なく、穏やかな気分になれます。

逆に、長時間ひとりで運転をするドライバーなどは、「人間的接触」のある休憩時間が望ましい、といわれています。。接客業の場合、仕事が休みの日は、ひとりで山歩きなどをするのもよい気分転換になるかもしれません。
常に人と接する仕事をしている人は、ときどきひとりになつて、誰にもサービスをしない、 されない時間を確保しましょう。
自分をニュートラルな状態にリセットしてみる時間が必要です。。ストレスが減っていくのが実感でき、深い眠りも自然と訪れ、熟睡感も得られるようになるでしょう。
posted by 快眠 at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・勤務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57742788
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック