『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

細かすぎる仕事がストレスになる

非常に細かい仕事が毎日の業務になっている人もたくさんいます。クライアントから受注した印刷物の仕事などもそういった細かい仕事の分野に入ります。チラシなどのデザイン、校正といった仕事は、一面に並んだ小さな文字は、どれひとつとっても間違えるわけにいきません。表示されている小さな文字や情報はおろそかにできない商品名や値段です。ゼロの数を間違えてしまっても多額の損害を出してしまう恐れもあり、とにかく細心の注意が必要です。
すべてのチェックを終えるとぐつたりと疲れ、その夜は、決まってなかなか寝つけなくなってしまう場合が増えます。
性格的に細かい作業があまり得意でない場合は、さらにその緊張は増加します。それでもきちんと仕事をこなそうと、かなりの集中力が必要になります。気を遣い、目を使うと、途端に目の奥が疲れてきます。それが神経の高ぶりを呼び、なかなか寝つけなくしてしまっている原因です。

眼精疲労を取り除くためには、なるべく手軽ユな方法がおすすめです。。ちょっと疲れたなと思ったら、気分転換代わりにこまめにケアすることがポイントです。
それで深刻な疲れを少しでも遠ざけることができるのです。
まずは、ツボを意識したマッサージ行ってみましょう。小指の第一関節の中央にある「小骨空」は、眼精疲労やドライアイに効くといわれているツボです。
つまむように3秒程軽く押してゆっくり離します。これを両指5回ずつ行います。

また、後頭部にある「風池」は眼精疲労をはじめ頭痛などにも効く万能のツボです。。耳のつけ根を結んだライン上、頭骨のつけ根に当たるところです。
指がピタリとはまるので強い力で押してしまいたくなりますが、あくまでもやさしく刺激すのがポイントです。
こめかみ周辺のマッサージも効果的です。眉尻と目尻の中間付近にある「太陽」、目尻かどうしりようら指1本分外側にある「睦子膠」は、どちらも眼精疲労に効きます。
首もこつている、肩も痛い、と同時にあちこち浮気して挟みまくらないようにするのが注意点です。。
目を温めているときには、意識を眼球だけに集中させることがコツです。より温かさが実感でき、リラックス効果も高まります。うっかり長時間連続して作業してしまったら、熱い蒸しタオルを目に当てます。
タオルを両目に当てられるサイズに祈り、熱いお湯で絞るだけだからすぐにできます。
給湯室などに電子レンジがあれば、適度に湿らせたタオルをビニール袋に入れ、l分前後加熱します。このとき、蒸気が逃げるように口はきっちり閉めないように開けておきます。
目を温めることは視神経の疲れを取る他、脳や腎臓の疲れも取る効果があります。体の内側からリラックスさせて入眠に役立てましょう。
posted by 快眠 at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・勤務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57742065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック