『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

肉体労働で不眠に

肉体労働のアルバイトなどを行った人によく見られる不眠の影響です。自分の体力と昼間の会社のことも考えて、比較的軽作業の仕事だと思ってはじめたアルバイト。それまでよりは多少疲れるものの、思ったよりもきつくない肉体労働だと思っていました。
しかし、2か月もするうちに快眠とは縁遠くなってしまった。
こうした場合、朝も、起きるまでに時間がかかるようになってしまうケースが多くみられます。人は、疲労がピークに達してしまうと、目が冴えてしまい、眠れなくなってしまいます。
そんなときは、、精神のほうを安定させるのが効果的えす。疲労回復と下がってきたモチベーションを引き上げるのに効果的なのは入浴です。

こんなときは、一番風呂に入ってみます。翌日の仕事への意欲をかき立ててくれるし、程よい眠気も訪れます。一番風呂は、入り方に注意点がありますのでポイントを紹介します。
誰も入っていない沸かし立てのいわゆる「サラ湯」には、体のカリウムなどが溶け出してしまう作用があり、疲労感が残ってしまいます。
一番風呂に入るときは、お湯そのままではなく、ヒノキの香りなどの入浴剤を入れてみます。ヒノキの香りには情緒を司る右脳を活発にさせる効果もあるといわれています。
入浴剤の効能をすべて信じる必要はありませんが、不純物がお湯に混じっていることで熱容量が増すのは確かなので、体が温まりやすく湯冷めしにくいという効果もあります。
血行のよい状態が長続きすれば、疲労物質も溜まりませんのでおすすめです。
また、浴槽の中で、体は水圧を受けます。胸やお腹に水圧を受けることで、呼吸するための筋肉の働きが活発になります。体内に取り入れる酸素量が多くなれば、筋肉疲労にも効果的です。同様に浴槽内では浮力を得るために、日中に酷使した腰や下半身の筋肉の負担も軽くなります。
特別に肉体労働による仕事が入ってきて、普段より少し疲労度が高い日なら、入浴のし方を変えてみるのもオススメです。
肉体疲労を回復する入浴方法は、43度くらいの熟めのお湯に短時間人るのがおすすめです。時間にして5〜10分程度です。毎日の入浴で「今日の疲れは取れた」と思えるようになれば、きっと寝覚めも改善するでしょう。
posted by 快眠 at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・勤務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57705454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック