『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

寝酒が効かない

ナイトキャップ、という言葉がああります。これは寝る前に飲む、いわゆる「寝酒」のことですが、語源は、寝るときにかぶる帽子(キャップ) からきたという説や、ボトルのキャップ程度の量を飲むからという説などがあります。いずれにしても、寝るためには効果的だ、といわれてました。カクテルでは、アニゼットやコアントロー、卵など強壮効果のあるものを使った「ナイトキャップ」というジャンルがあり、主にブランデーなどの強い酒をベースにした濃厚なものがあります。
しかし、アルコールの力で眠るのは本当の眠りではなく、意識障害だと言いきる専門家もいるほどで、実はあまりおすすめできません。
寝酒をあおってバタンとばかりに眠るのは一時的に麻酔にかかっているようなもので、眠り本来に求められる疲労回復の働きなどを満たしません。
アルコールは摂取されると、体内ですぐさま分解作業が始まります。種類によっては摂取するエネルギー量と同等のエネルギー量が、その分解作業に費やされるものもあります。アルコールの分解は内臓にとって「労力」がかかる仕事なのです。だから、体に疲れが溜まり、「眠った気になれない」「眠れない」ということになってしまうのです。
ナイトキャップで飲んだ酒が少量であっても、アルコールは抗利尿ホルモンの分泌を抑制する作用があり、体が休み始めた途端トイレに行きたくなって目が覚めてしまう、ということも起きてしまいます。また、酒は「慣れ」が起きやすく、摂取量も増えていきがちです。すると今度は、依存症などの心心配もでてきます。
酒の力を「借り」て寝るのは、おすすめできません。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57543534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック