『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

空腹で眠れない

夕食の時間が早かったせいで、寝る頃になって小腹が空くことがあります。また、夕食を食べそびれてしまった場合もあります。
寂る前に食べても影響のないメニューもあります。基本的には、寝る前に胃に負担を与えるような食べ物は避けます。
消化にょいおかゆなどがベストですが、一番のおすすめは湯豆腐です。豆腐には体温を確保してくれるビタミンBl、血液の流れを促すビタミンEが含まれるうえ、薬味のネギやショウガにも体を温める効果があるので、寝る前にはベストです。
湯気ややさしい味も、穏やかな気分を演出してくれるでしょう。昔から不眠やノイローゼに効くといわれているクルミも、実際、神経を落ち着かせる効果があります。
殻を剥いてあるものを購入しておけばいざ!お腹がすいたときには役立ちます。固形物ではないが、ホットミルクも乳製品なので満腹感 を得られます。しかもアミノ酸の一種であるトリプトファンが眠気を誘ってくれるともいわれています。不眠の人がナイトミルクとして牛乳を飲むのは、定番中の定番です。しかし、そんな科学的な効果だけではなく、温かいミルクがもたらす精神的な平安は、なかなかに侮れないものです。

これらの寝る前に最適な食べ物が家になかった場合、緊急避難的に、そこにあるものを適当に食べるのも致し方ないでしょう。ただ、消化の悪い肉類などは避けておきましょう。
理由は、体がせっせと消化活動にいそしんで、いつまでも深部体温が下がらず、眠る態勢に入れなくなるからです。何を食べるにしても、満腹にはしないことがよく眠るコツです。確かに、満腹になるなんとなく眠くなりますが、その勢いで寝ると、睡眠中に内臓が活発に動くことになるので、疲労の取れない睡眠になってしまうのです。本来ならば、就寝の3〜4時間前には、食事をすませておくのが快眠の重要なポイントです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57543263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック