『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

十分な睡眠は本当に「8時間」?

人間の最適な睡眠時間は8時間とはしばしば耳にする話ですが、一体誰が決めたのでしょうか?「睡眠常識」として信じられてきたといってもいいでしょう。しかしこれは、実は根拠のないものなのです。
「8時間睡眠」のはじまりは、40年以上前の睡眠学関係者。当時の睡眠学は、集められた統計の結果について論じられることが基本の学問でした。その当時の睡眠時間の平均値が、たまたま8時間であった、というだけで、「8時間寝なければならない」といった根拠はどこにもないのです。ちなみに2001年の総務省の調査によれば、15歳以上の日本人の平均睡眠時間は、7時間42分でした。これは、やはり健康な睡眠は8時間という時間が影響しているのかもしれません。

眠れないと悩んでいる人の多くは、疲れているから眠らなければ、と睡眠を義務としてとらえてしまう傾向があることも、ここでは重要なポイントです。睡眠は義務ではありません。「眠らなくては」と意識しすぎて眠れなくなることも多々ありますから、これはもう、本末転倒です。

十分眠っているにもかかわらず「睡眠不足だ」と思い込む気持ちが高じると、「不眠神経症」「睡眠不満足症」ともいわれる不眠症状になってしまいます。8時間睡眠にこだわらず、8時間の80% 、6時間半睡眠でよしと考えてみましょう。「睡眠は2日で合計8時間で十分」と考えている学者もいるくらいで絶対的な睡眠時間などない、ということをまずは心得ておくといいでしょう。

では、人間は何時間眠るのがいいのでしょうか?これについては、とても難しいクエスチョンですが、現実的に6〜8時間ぐらいが最適と言われています。しかし、無理にこの時間を満たそうとして不眠になってしまう人もいます。
歴史的人物のナポレオンは、3時間しか眠らなかったとも言い伝えられています。真偽はわかりませんが、短時間の睡眠でも元気に過ごしている人がたくさんいるのも事実です。
人間の睡眠は、個人差が大きく、その人が置かれている状況や立場、年齢などによってもかわってくるので、あまり気にする必要はありません。
「8時間睡眠」がストレスにならないようにしたいものです。
posted by 快眠 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスで眠れない
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57243106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック