『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

睡眠不足は太りやすい原因になる



睡眠不足が続くと、食欲をつかさどる「グレリン」という食欲増進ホルモンと、「レプチン」という食欲抑制ホルモンとのバランスがうまく取れなくなり、私たちは食欲がコントロールできなくなってしまいます。
食欲を増進するホルモンのグレリンが優位になると、暴飲暴食に走りかねないのです。
そして、食欲を抑制するホルモンのレプチンには、エネルギーの消費を高める働きがありますが、睡眠不足になるとその効力を発揮できずに、脂肪を蓄積してしまいます。
また、新陳代謝を促すとても重要な成長ホルモンの分泌量が減少してしまうことも、脂肪を分解できずに太りやすい原因だといわれます。

せっかく頑張ってダイエットしているのに睡眠不足だったとしたら、効果もなかなか出ないということなんですね。睡眠はしっかりとりましょう。

  睡眠とダイエットの関係はこちら。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37628701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック