『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

寝る前には食べないほうがいいもの



〔脂肪や刺激物は快眠の敵〕
夜遅い時間に食事をとる人は、脂肪をとることをできるだけ避けたほうがいいでしょう。
それは、脂肪分を体内で分解するのに長い時間が必要だからです。
特に揚げ物など、油をたくさん含んだものを寝る前に食べてしまうと、夜中まで胃が消化活動を続けないとならないため、快眠できなくなってしまいます。
同じように、香辛料が強くて刺激的なものも、あまり好ましくありません。

〔甘いものは神経を高ぶらせる〕
砂糖を含んだ甘いものを食べたり飲んだりすると、私たちの体は、一時的に血糖値が上がります。この血糖値を下げようとしてインシュリンというホルモンが分泌され、低血糖の状態となります。
そうすると今度は、興奮・緊張作用を高めるアドレナリンというホルモンが分泌されて神経が高ぶってしまい、眠れなくなります。
寝る前に甘いものを食べることは不眠のもとになるし、脂肪のもとにもなるので要注意です。

〔カフェインにも注意する〕
カフェインが入った飲みものといえば、コーヒー、紅茶、緑茶、栄養ドリンクなどがありますが、このカフェインには、脳を覚醒させる働きがあります。
カフェインの効果は、3〜4時間くらい持続するので、スムーズに眠りにつくためには、夜はできるだけカフェインをとらないよう、気をつけましょう。
posted by 快眠 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ぐっすり眠るために
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37142692
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック