『心地よい音楽で快眠を』はURLが変更となりました。 新アドレスは、http://agreeable-music.com/です。よろしくお願い致します。

早朝から昼間までの睡眠の状態



朝方から昼間にかけての身体の状態を見てみましょう。
よく眠れない原因となっていて、思いあたることがあるかもしれません。

■ 早朝に目覚めてしまう → 〔行動開始時間を遅らせ生活リズムを整える〕
早朝に目が覚め、その後はうとうとするだけで眠れない早朝覚醒タイプ。
これは、加齢ストレスが原因だと考えられます。
目が覚めて眠れなくなってしまったら、例えば布団の中で本を読んだりして行動開始時間を遅くし、生活のリズムを整えるのもひとつの方法です。
ただ、物事に興味がなくなるなどの場合は、うつ症状の可能性もあるので専門医に相談しましょう。

■ 寝た気がしない → 〔睡眠時間の確保に努力を〕
よく眠れたという満足感がなく、目覚めた時に疲労感すら覚えて日中に眠くなってしまうタイプ。
中途覚醒や早朝覚醒によって眠りが妨げられたりして、睡眠不足であることが多いのです。
こういう人は、短い時間でいいので日中に仮眠をとるなど、意識的に睡眠時間を確保するようにしましょう。

■ 昼間眠くて仕方がない → 〔睡眠は足りているのに急に眠くなる人は注意する!〕
睡眠不足ではないのに昼間眠くて仕方ない、仕事中に発作的に眠くなってしまうなどの場合は、睡眠障害の可能性もあります。
ただ、このような症状があっても睡眠不足や不規則な生活、不眠症なども眠気の原因として考えられますので、まずは規則的な生活を心がけましょう。
それでも改善しないようであれば、専門医に相談しましょう。

posted by 快眠 at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眠れない原因
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36775852
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック